FC2ブログ
2019.06.25 Tue

Backstreet

汚れた壁 薄暗い空 
誰も寄りつかない Backstreet 
ドラムの陰 倒れこむ人 
もう忘れ去られた Backstreet
 
それでも生きている 
他に何もないけど 
ただ生きている 
抱き合えば凍えない

ロウソクだけ 揺れる部屋から 
のぞけば仲間たち wave their hands
雪で濡れた 通りに下りて 
毛布かけにいこう in the same boat
 
それでも生きている 
明日も夢もないけど 
ただ生きている 
抱き合えば凍えない

スポンサーサイト
Category: 社会問題 Comments (0)
2019.06.24 Mon

Party Hearty, Marty!

今日も二人踊ってよ 
ジェラシー燃やしたいのさ 
僕がいけなかったHeaven 
かわりに見てきて
  
色違いのTシャツ 
お揃いのキャップ 
あからさますぎだね
 
Party hearty, Marty! 
Search for your own love 
Enjoy your life as you like

誰と今夜踊ろうか 
クレイジーになりたいのさ 
ライトの洪水にDizzy 
まわり出すフロア
  
高い波にのって 
どこまでもいこう 
二人には負けない
 
They’re lovey-dovey 
Search for my own love 
Enjoy my life as I like 
 
Party hearty, Marty! 
Search for your own love 
Enjoy your life as you like

Category: 恋愛 Comments (0)
2019.06.23 Sun

PALE WAY

身を守るために 
どれだけの人を 
騙したかしら
 
どんなことをしても 
この想い捨てきれない
 
朝焼けの海を 
私 あなたと行くわ 
すいた道の彼方 
白み出す空

ふたりの首には 
銀のアミュレット 
優しく光る
  
傷つけてきたナイフ 
風の中に捨てるとき
 
朝焼けの海を 
私 あなたと行くわ 
すいた道の彼方 
白み出す空

Category: Comments (0)
2019.06.22 Sat

小さなクリスマスツリー

クラブが終わるまで 
門の前でまちぶせた 
まぶしい夕陽の中 
目が合った気がした
 
メリークリスマスと言えれば 
今頃この部屋で二人 
テーブルをはさんでいたの
思わず買ってしまった 
小さなクリスマスケーキ

かじかんだ手のひら 
袖に隠して歩いた 
はじめて下の名前 
呼んだ日忘れない
 
メリークリスマスと言えれば 
今頃この部屋で二人 
キャロルを歌っていたの
思わず買ってしまった 
小さなクリスマスツリー 

今年も点滅してる 
小さなクリスマスツリー

Category: Comments (0)
2019.06.21 Fri

ノートちぎって

君を信じていればよかった 
顔のない噂に 
振りまわされ冷たくした

蝉の鳴く並木道走って 
君の家に行くよ 
午後のクラスを抜け出して
  
お願いドアを開けて 
今すぐ会いたいんだ

何言われても 
ぜんぶ受けとめられるから 
少しでいい 心からの 
ごめんねを言わせてよ

諦めて帰ろうとしたとき 
ベランダをすべって 
消えたグレイのシルエット
  
コンクリートの上 
かばんひっくり返した
 
ノートちぎって 
思いのたけを走り書き 
そして紙ひこうきにして 
君の部屋へ飛ばすよ
 
届かなくても何度でも 
君の部屋へ飛ばすよ

Category: Comments (0)
2019.06.20 Thu

恋ははじまっていた

エメラルドの草原 
ターコイズの空 
アルプスのコテージ 
5月の風が吹いてた
  
気づけばいつも隣には 
君の姿があった
 
車の水しぶきから 
守ってくれた 
あのときもしかして 
恋ははじまっていたの

キャンプファイヤーの夜 
星空のベール 
夢のようにすぎて 
部屋に戻り眠る頃
  
振り返ったら君はもう 
すっかり寝息たててた
 
眠らないで寂しいと 
肩を揺らした 
あのときほんとうは 
眠っていなかったんだ

冬の枯れ木見ながら 
補習の毎日 
いつから二人とも 
話しかけなくなったの
  
グラウンド駆け抜ける姿 
窓から見つめるだけ
 
声変わりまだだねって 
笑ってくれた 
あのときほんとうは 
何かに悩んでいたの
 
あのときもしかして 
恋ははじまっていたの

Category: Comments (0)
2019.06.19 Wed

太陽の瞳

船のデッキに出れば 
ラピスラズリの海 
懐かしい潮風

少し身を乗り出せば 
白い波しぶきが 
高く上がっていた
  
もう親切な 
ルームメイトに 
さよならして 
残すものはないのに
 
冷たい手を包み込み 
微笑む君は誰 
のぞきこむ瞳が 
きらめいていた

君は何も聞かない 
どこから来たのかも 
名前だって知らない
  
もう帰るだけ 
この想いに 
ふりむいても 
永遠は得られない
 
目を逸らして手すりから 
手をはなしたけれど 
のぞき込む瞳が 
焼きついたまま
 
今も君がその気なら 
ある日ゆくえ知れず 
残された想いに 
のみ込まれても
 
冷たい手を包み込み 
ついてゆくと言おう 
太陽の瞳を 
そっと見上げて

Category: Comments (0)
2019.06.18 Tue

紅い空

街の上を紅く染め 
空が不気味に笑っている 
まるで人のさだめ映す 
鏡のようだ 
血のように滲み 
広がってゆく

戦争で燃えた街を 
離れた丘から見てるよう 
時という大きな力に 
怯えながらも 
どこか他人事 
それに似ている

Category: その他 Comments (0)
2019.06.17 Mon

GOALKEEPER

本気で戦えない 
僕らはライバルも 
愛してしまうから 

君のジャージ素敵だね 
ボールをゆずったら 
笑ってくれるかな
 
さえないゴールキーパー 
受けとめたいのは 
ボールじゃなくて君のほう 
それたボール きっと愛だね

光る汗が似合うね 
君はチームメイトと 
抱き合い嬉しそう

濡れたジャージ素敵だね 
ゲームが終ったら 
僕にくれないかな
 
さえないゴールキーパー 
受けとめたいのは 
ボールじゃなくて君のほう 
ぬけたボール 響くホイッスル

歓声にのまれてく 
君は遠く見つめ 
誰にキス投げたの

Category: その他 Comments (0)
2019.06.16 Sun

Early Bird

早起きしたのはベランダで 
君のことを思うため 
ベッドに戻ればまだ眠る 
その寝顔にキスするため
 
おはようなんて言えば 
無邪気すぎる白い朝 
認めたことになるから
みんなが目覚めだす頃 
ひとり飛び立つEarly bird

シリアルとミルク用意して 
カレンダーに目をやれば 
相変わらず無機質なナンバー 
今日もきれいに並んでる
 
約束なんてしない 
破るのも守るために 
覚えておくこともいや
だからそっとしておいて 
ひとりが好きなEarly bird

Category: その他 Comments (0)