Rainy Days

雨の降る中 ひとけのない道を ひとり歩いた 
心のままに 泣けるように
あのときの君 僕を見ないふりで 通り過ぎた 
あいつの方が ましに思えた
 
どうしてそんなに 冷たくできるの 
君も僕を嫌ってたから
どうしてそんなに 冷たくできるの 
僕は君を愛してたのに

雨が降りやみ 小鳥のさえずりが 聞こえはじめた 
みじめな僕を 笑ってるの
夏の初めの 風はなまぬるくて 居心地悪い 
きっとこの先 そんな人生
 
どうしてこんなに ひとりが怖いの 
僕は君に救われたいの
どうしてこんなに ひとりが怖いの 
君が僕を見放したから
 
どうしてそんなに 冷たくできるの 
僕は君を愛してたのに
どうしてそんなに 冷たくできるの 
僕はずっと愛してたのに

スポンサーサイト



プロフィール

roman

Author:roman

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR